千葉県皮膚科でも利用される水虫に効くイトリゾール

イトリゾール(Itrizole)は、医薬品です。イトラコナゾール(Itraconazole)とも呼ばれることもあり、世界中で製造開発されています。主なイトリゾールの作用は、真菌(カビ)を殺菌する効果です。真菌は、白癬菌(皮膚糸状菌)という水虫の原因を殺菌することができ、水虫を効果的に治療することができます。水虫以外には、カンジダ症や癜風、マラセチア毛包炎、爪白癬、真菌血症、呼吸器真菌症、消化器真菌症、尿路真菌症、真菌髄膜炎などのさまざまな症状を改善することができ、多くの皮膚科で使用されています。
イトリゾールは、千葉大学真菌医学研究センター(MMRC:Medical Mycology Research Center)でも臨床研究がされています。千葉県皮膚科でも多く利用されていて、多くの人の水虫に効くことが分かっています。千葉大学以外の千葉県皮膚科の大学病院でも使用されていて、安全性が高いです。千葉県皮膚科では、ジェネリック医薬品の処方もしてもらえるため、安価な価格で治療することも可能です。
イトリゾールは、内服薬であるため、塗り薬では治療しにくい部分にも効くことが分かっています。イトリゾールを服用する際には、パルス療法(短期大量間欠療法)という方法で治療する場合が多く、効果的に効くことが分かっています。パルス療法は、1週間ほど薬を服用した続けた後に、3週間ほど薬の服用を止めるサイクルを3回繰り返す治療法です。従来の服用法では、半年間、毎日イトリゾールを服用し続ける必要がありましたが、パルス療法では、薬を服用する期間を大幅に縮めることが可能であり、身体への負荷を最小限にすることができます。



ページトップへ