強力な薬イトリゾールは病院の治療で用います

水虫の原因となる白癬菌が爪の中に入り込むと爪白癬と呼ばれます。指の間に出来る水虫だと、クリーム剤や液剤などの外用薬を使っても薬を患部に直接塗ることが可能ですが、爪の中に水虫が出来た場合は外用剤を塗っても薬が流れ出し、患部に浸透しにくいため、通常はイトリゾールなどといった内服薬を使って治療します。
爪白癬になると爪の色が白濁します。最初は白濁した部位は爪の先端だけですが、次第に菌が爪の奥まで入り込み、爪全体が黒く変色していきます。爪白癬の厄介なところはほとんどかゆみを感じず自覚症状が無いため、気が付いた時にはすべての足の爪に感染していることもあります。
爪の奥に入り込んだ白癬菌を死滅させるためには、イトリゾールのような強力な薬で治療する必要が出てきます。もちろん病院の治療が不可欠で、イトリゾールの場合はパルス療法といって通常よりも多い量の薬を1週間飲み、3週間休むという治療を3回繰り返す短期集中型の薬です。
イトリゾールは強力な薬ですが、肝機能を悪化させたり元々肝機能の悪い人には使えない制約があるので、医師の指導の下、血液検査で肝機能をモニタリングするため病院の治療が必要です。
最近、爪白癬の治療にもう一つ新しい強力な薬が登場しました。爪の表面に直接薬を塗るマニキュアタイプで、医師の処方箋無しでは使えず、新しい爪に生え変わるまでの6か月から1年くらい毎日塗り続ける必要があります。全身に影響する副作用はありませんが、薬でかぶれることがあります。
水虫に対する治療の選択肢は増えてきましたが、爪白癬になるまで水虫が進行すると、治療の時間や費用が増えてきますので、足のかゆみや皮がむけるなどの症状に気がついたら、早めに病院の治療を受けるようにしましょう。



ページトップへ