水虫の治療薬、イトリゾールとルリコンの使い方

水虫の治療薬として処方される薬にイトリゾールとルリコンがあります。
それぞれ使い方や目的が違う薬なので、それぞれの使い方を説明いたします。
イトリゾールは内服薬として使用します。イトリゾールは水虫の原因菌である真菌(カビ)を殺菌する効果があります。
水虫は塗り薬で治療する場合が多いですが、塗り薬では真菌が根絶せず完治しないこともあります。
塗り薬だけでは治療しきれない場合、イトリゾールを内服し、体の中から真菌を殺菌します。
イトリゾールは服用の仕方に特徴があります。パルス療法(短期大量間欠療法)という方法を用いて服用します。
一週間ほどイトリゾールを飲み続け、その後三週間薬を飲むのを止めるというサイクルを三回繰り返します。
人によっては胃の不快感、吐き気、下痢、肝機能障害などの副作用があります。
イトリゾールは服用するとしばらく体内に効果が残るので、このような使い方ができるのです。
ルリコンの方は塗り薬です。クリーム、軟膏、液剤などの形態があります。
真菌の繁殖を抑えるのが目的の薬です。一日に二三回、患部を清潔にした後に塗布します。
塗ったあとに包帯などで覆うと、かえって症状が悪化する場合があります。特に指示がない場合は、包帯を使う必要はありません。薬剤が目に入らないように注意する必要があります。塗った面に刺激を感じる、赤くなる、皮膚炎を起こすなどの副作用があります。また、ルリコンに過敏症状を起こす人もいます。
とくに使いすぎた場合に過敏症状が出る可能性が高くなるので、用法と用量はよく守って使用します。
過去にこの薬で過敏症状が出た場合は、医師に相談しなければなりません。
水虫の治療薬は症状によって使い分けられるのです。



ページトップへ